News & Highlights

  • 2016年3月25日

37名のHBS学生が東北の起業家から学んだもの

HBSの2年生向け選択科目のJapan IFC(Immersive Field Course, 昨年まではIXP)が2016年1月に開催されました。2011年の東日本大震災を受けて行われた第一回以来、竹内弘高HBS教授の授業として非常に人気のあるコースに発展し、数あるIFCの開催地の中で日本は唯一5回連続の開催国となっています。今年は「東北:真正なアントレプレナーシップの世界的な実験場」をテーマとし、1月4日から15日の12日間、東京と東北で開かれました。

Japan IFCに参加したのはHBSの2年生37名。出身は、アメリカ、イスラエル、ベニン(アフリカ)、ガーナ、中国、チェコ共和国、韓国、シンガポール、アラブ首長国連邦、エジプト、トルコ、ギリシャ、カナダ、フランス、ドイツ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、そして日本。日本滞在の間に学生たちは、①チームに分かれ8つの東北の企業にコンサルティングを提供、②被災地の現状を学びそして貢献する活動に全員で従事、③様々なユニークな日本文化体験、という主に3つの活動に取り組みました。

 

NEW RESEARCH ON THE REGION

  • 2015年5月
  • ケース

Venture Republic, 2011(ベンチャーリパブリック 2011)

W. カール・ケスター教授、山崎 繭加

2011年12月、日本でショッピングや旅行のオンラインサーチエンジンの開発・運営を行うベンチャーリパブリックの創業者らは、上場後3年しか経っていない中で、経営陣によるバイアウト(MBO)を行うかどうかの決断に迫られていた。この決断を検討するため、ケースを読む学生は、1)金融危機が過ぎ成長が加速し始めていた当時のベンチャーリパブリックの企業価値を算定し、2)ベンチャーリパブリックにとって最適な資本構造や融資パッケージを決定し、3)買い手である創業経営者と売り手である株主間の利益相反が起こる可能性について適切に対処した上で実行可能なMBOプロセスを確立しなければいけない。上場と非上場それぞれの利点・欠点もこのケース・スタディの重要なポイントとなる。

  • 2015年5月
  • ケース

AIP Healthcare Japan: Investing in Japan's Retirement Home Market (AIP ヘルスケアジャパン:日本の老人ホーム市場への投資)

ジョン A. クェルチ教授、チン・シャー

ヘルスケア・リートのCEOが日本における老人ホーム市場への投資戦略の選択肢を検討している。ケースを読む学生は 、マクロの業界トレンド、規模、業務領域、および消費者セグメンテーションに関するデータなどを考慮した上で提案を行わなければならない。

See all research